千葉各地の葬儀

千葉といえば、東京、埼玉、茨城と隣り合わせている県で、東西南北それぞれの地域によって、特に海沿いの地域など昔からの風習などにかなり差があります。

都心化している地域が増えていることもあって、葬儀についてはその様子が変わりつつある傾向にありますが、地域によってどんな違いがあるのでしょうか?

千葉でも東京寄りである東葛地域(松戸、柏、船橋など)、千葉地域(千葉、八千代など)は全体的に葬儀も東京に似ていて合理化が進んでいます。

ただし、我孫子や印西の農家のある地域などでは、まだ古い習わしが残っているところもあるので、実際に葬儀をする際にわからない場合は近所の人に伺うなどの確認が必要です。

千葉の地域独特の葬儀の特徴と言えば、火葬をするタイミングにあります。

一般的に通夜式と告別式が終わって、会葬者の方が最期のお別れをしてから火葬をすることになりますが、千葉の一部の地域では、通夜式の後、告別式の前に前火葬という形の火葬を行います。

その他、葬式組といって、ご近所の家で不幸があった場合は、葬家にいって葬儀の手配やお料理の準備など葬儀に関するお手伝いをすることもあります。

大往生で亡くなられた80才以上の故人の場合は長寿銭といって、長寿を全うしたお祝いのお金を香典返しに入れて配ることもあります。

千葉では、各々の地域によって都市化が進んでいるところもありますが、一部の地域では前火葬や葬式組、長寿銭などの習わしが残っています。